今、話題のニュースをハイパー早くお届けいたします!

818-news-blog

スポーツ

八村塁の経歴(中学・高校・大学・NBAなど)を総まとめ!坂本コーチとの出会いヤバい!

投稿日:2019年8月28日 更新日:

ポイント

八村塁の経歴について、

中学・高校・大学・NBAでの活躍を中心にまとめてみました!

中学での坂本コーチとの出会いなど

覚醒のターニングポイントになったことについてもご紹介いたします!

八村塁のプロフィール

バスケ界で注目されている八村塁選手ですが、NBAドラフト1巡目でワシントン・ウィザーズより指名を受けて更なる活躍が期待出来る選手かと思われます。

八村塁(はちむらるい)選手の詳しいプロフィールですが、

1998年生まれの現在21歳で身長がなんと208cmもあるそうです。

 

ポジションはパワーフォワード・スモールフォワードで、シューズはエア・ジョーダンを愛用しています。

 

体重は106kgだそうですが、身長が高いのでそれだけ体重があるのも納得でしょう。

日本人離れした顔立ちは日本人の母・ベナン人の父の影響で、出身は富山県だそうです。

 

幼少期は陸上の短距離と野球をやっていてイチローに憧れていたそうですが、

実は全くバスケットボールに興味がなかったらしく、

友人に熱心に誘われてバスケットボール部のテストを受けてコーチに絶賛されたことがきっかけで

バスケットボールを始めたとのスポーツ万能だったとのエピソードがあります。

 

八村塁の経歴 中学は富山県立奥田中学校!

バスケットボールを本格的に始めたのは中学に進学してからで、富山県立奥田中学校に通っていたそうです。

八村塁選手が1年生の頃の3年生に馬場雄大選手が所属していたようで、2人は日本代表としてプレイする前にこの奥田中学校で共にバスケをしていたというのは非常に運命的です。

八村塁選手が1・2年生の頃には全国大会に出場出来なかったものの、3年生の時に埼玉全中に出場して準決勝に輝いて、八村塁選手は大会ベスト5に選出されました。

 

バスケ部坂本コーチとの出会い 「お前はNBAに入る」と断言

この頃のバスケ部の坂本コーチに絶賛されてバスケ部に入ったわけですが、

八村塁選手は初心者でなかなかうまくプレーがで出来ずに落ち込んでいたこともあったそうです。

 

しかし、そんな八村塁選手を坂本コーチは「お前はNBAに入る」と断言して励ましていたようです。

最初は本気で言っていたわけではなかったとのことですが、

彼の真剣な眼差しにいつの間にか私の夢にもなっていたと坂本コーチは語っています。

 

https://twitter.com/bbking_jp/status/1069359006450245634

 

 

 

八村塁の経歴 高校は宮城県仙台市の私立明成高校!

奥田中学校を卒業して、親元を離れて宮城県仙台市の明成高校へと進学をしました。

 

私立明成高校の偏差値・主な卒業生

入学偏差値は39とのことで、宮城県内では201位中158位、宮城県私立内だと64位中47位と比較的入学のしやすい高校のようですが、

以下は主な卒業生を列挙したのですが、スポーツ選手ばかりを輩出していてスポーツがかなり盛んな高校のようです。

 

安藤誓哉 - バスケットボール選手・秋田ノーザンハピネッツ
伊藤駿 - バスケットボール選手・日立サンロッカーズ東京・渋谷
石川海斗 - バスケットボール選手・仙台89ERS
佐藤文哉 - バスケットボール選手・群馬クレインサンダーズ
畠山俊樹 - バスケットボール選手・新潟アルビレックスBB
八村塁 - バスケットボール選手 NBA選手
村山謙太 - 陸上長距離選手
村山紘太 - 陸上長距離選手
茂木駿佑 - サッカー選手・水戸ホーリーホック
奥埜博亮 - サッカー選手・ベガルタ仙台

 

 

実際に八村塁選手も、高校でももちろんバスケを続け、1年生の時から主力として活躍をしてチームの優勝に貢献し、大会ベスト5にも選出されました。

2年生のインターハイは準決勝の終わったものの、ウィンターカップでは1試合平均28点の活躍で優勝へと導きました。

 

3年生ではインターハイで明成高校史上初のインターハイ優勝を成し遂げ、

ウィンターカップでは大会3連覇に貢献したので、この頃から既に実力が発揮されていたようです。

 

【画像】八村塁の高校時代

https://twitter.com/21oohk/status/719156132049133569

 

【動画】八村塁の高校時代 インターハイ決勝でダンク!!!

 

八村塁の経歴 大学はゴンザガ大学!

名成高校卒業後は、当時からNBAを目指していたこともあっていくつかのオファーがあった中からゴンザガ大学への進学を決めました。

そもそも日本人が日本の高校で活躍をしたとしても世界最高峰のアメリカの大学からオファーがくることはないそうですが、

八村塁選手の場合は2014年に開催されたU-17世界選手権で活躍し爪痕を残せたことがオファーがきた理由だそうです。

 

大学では1年目は控えとしてベンチを温める時間が続いており、2年目になると重要な試合に出場する機会が増えていき、

チームの勝利に貢献していってゴンザガ大学には欠かせないプレイヤ ーになりました。

 

NBA入りも噂されるほどのプレイヤーとなった八村塁選手ですが、

3年目もエースとして活躍をし続けて2018年にハワイで行われたマウイインビテーショナル(招待大会)ではゴンザガ大学が優勝し大会MVPを獲得しました。

ちなみに大学入学当初は英語が苦手で周囲との会話に苦労したとのことで、

必死に勉強して大学3年間で飛躍的に英語が上達したことからコート上でもチームリーダーとして振る舞うことが出来たようです。

https://www.instagram.com/p/By87tFNBB5K/?utm_source=ig_embed

 

八村塁の経歴 NBA1年目の所属チームはワシントン・ウィザーズ!どんなチーム?

NBAドラフト会議で日本人初の快挙となった八村塁選手、ワシントンウィザーズに一巡目9位指名をされました。

 

アメリカ合衆国ワシントンに本拠を置く全米プロバスケットボール協会のチームで、チーム設立は1961年と長い歴史があります。

2001年〜2003年にはあのマイケル・ジョーダン選手も所属していたことがあるチームなのですが、ウィザーズは弱いとのネット投稿も多いようです。

NBAでの優勝歴は1978年の1回のみで、決して強豪チームではないようでした。

 

現在のワシントンウィザーズの主力選手には、ベテランセンターのドワイト・ハワード選手・ポイントガードのジョン・ウォール選手が所属しています。

八村塁選手がチームを盛り上げて優勝へと導いていってくれるようにと、NBAで活躍している姿を楽しみにしています。

 

 

スポンサーリンク(関)

スポンサーリンク(記)

-スポーツ

Copyright© 818-news-blog , 2019 All Rights Reserved.