今、話題のニュースをハイパー早くお届けいたします!

818-news-blog

芸能

見取り図(盛山・リリー)は面白くない・面白い?ネタ(動画)と評判を総まとめ!

投稿日:2019年12月20日 更新日:

 

2年連続M-1グランプリのファイナリストとなった見取り図。

2018年は惜しくも9位という結果に終わりました。

M-1を意識してネタ作りをしてきたという2019年。

果たして結果はどうなるのでしょうか?

 

 

そこでここでは、見取り図のネタは「面白い」「面白くない」について、

世間の評判を探ってみました。

 

 

 

見取り図(盛山・リリー)は面白い!その理由は?

NSCの29期生として出会い、コンビを結成した見取り図。

2018年には、『オールザッツ漫才ネタバトル』で優勝を受賞しています。

 

 

「よしもと漫才劇場」をメインに活動しており、しゃべくり漫才が評されるお二人。

ボケ担当のリリーさんがボケをかまし、盛山晋太郎さんが時間差を置いてツッコむ漫才が定番になっています。

 

 

2006年からM-1グランプリに出場しているお二人が、

1回戦敗退が続き、なかなか結果を残すことが出来ずにいました。

 

 

しかし2018年のM-1では、結成12年目にして初めて決勝戦進出を果たし、トップバッターを務めます。

難しいと言われるトップバッターにも関わらず、

堂々とした漫才で笑いを取った彼らには「最高に面白かった」と、

一般の方から称賛のコメントが寄せられています。

 

 

 

やはり、昨年務めたトップバッターのインパクトが強烈だったようですね。

また、2019年の準決勝を観た一般の方から「漫才が上手い」「ずば抜けている」「ネタが面白い」と評されていました。

 

 

 

https://twitter.com/SHODi14585673/statuses/1202448578683162625

 

テンポがいい「しゃべくり漫才が面白い」と言う意見も上がっています。

 

 

 

見取り図(盛山・リリー)は面白くない!その理由は?

見取り図のお二人を「面白くない」「つまらない」と思っている、ネガティブなコメントをまとめてみました。

2018年のM-1では、審査員の大御所芸人から「前半が古い(面白くない)」と言われてしまったとか…。

 

 

やはりトップバッターは基準が難しいですね。

 

 

また、一般の方から、トップバッターゆえに厳しいコメントも。

 

 

2018年のM-1ファイナリストに決まった際には、一般の方から「面白くない」とコメントがあがったそうです。

 

 

 

はっきりした理由はわかりませんが、ただ面白くないという意見もありました。

 

 

うわーと来る笑いがなかったかも!というコメントも寄せられています。

 

 

 

見取り図(盛山・リリー)は面白い・面白くない?ネタまとめ!

2018年・2019年と2年連続M-1ファイナリストになった見取り図について、世間の評判を紹介しました。

「面白くない」「つまらない」という意見もありますが、圧倒的に「面白い」が多く見られました。

 

 

また、2018年の「9位」という結果に「低すぎない?」と、順位に疑問を持つコメントも。

芸風の好みは人それぞれですから、賛否両論のコメントが寄せられるのは仕方ないですね。

 

 

果たして今年の見取り図は、審査員の大御所芸人を「大爆笑」させることが出来るのでしょうか?

彼らの順位が気になりますね。

ただ自分としては、見取り図がトップバッターにならないことを願うばかりです。

スポンサーリンク(関)

スポンサーリンク(記)

-芸能
-

Copyright© 818-news-blog , 2020 All Rights Reserved.