今、話題のニュースをハイパー早くお届けいたします!

818-news-blog

スポーツ

阪神タイガースのスタメン&ローテー予想2019|西・マルテ・近本・木浪など補強に成功!矢野新監督は誰を選ぶ?

投稿日:2018年12月23日 更新日:

[quads id=3]

※3月19日までのオープン戦のスタメン結果を反映

 

2018年シーズンは最下位となってしまった阪神タイガースですが、

挽回を目指すべく、オフシーズンは積極的に戦力補強をしています。

 

監督も交代し、矢野新監督率いる新制阪神タイガースは、2019年どうなるか?

スタメン・レギュラーとローテーションを予想してみたところ、

結論から先に申し上げると、ひょっとしたら優勝?狙えるかもしれません。

 

以下に詳しく記載いたします。

 

 

2019年シーズンのスタメン・レギュラー予想

2018年の2試合、2019年のオープン戦を振り返り、

2019年シーズンを予想していきたいと思います。

2018年の開幕戦(3月30日(金)VS 巨人)

1:センター 高山

2:セカンド 鳥谷

3:ライト 糸井

4:ファースト ロサリオ

5:レフト 福留

6:サード 大山

7:ショート 糸原

8:キャッチャー 梅野

9:ピッチャー メッセンジャー

2018年のオールスター後の初戦

1:セカンド 糸原

2:ショート 北條

3:ライト 福留

4:ファースト 陽川

5:レフト ナバーロ

6:サード 大山

7:センター 中谷

8:キャッチャー 梅野

9:ピッチャー メッセンジャー

開幕からスタメンで起用を続けた糸原選手がオールスター後も活躍&出場を続けて全試合出場!来季からはキャプテンになり、飛躍が期待されます。

 

 

オープン戦のスタメン 結果

2019年3月2日(土) VS ソフトバンク

1:ショート 鳥谷

2:セカンド 糸原

3:DH 北條

4:サード 大山

5:レフト 陽川

6:ライト 伊藤

7:ファースト 荒木

8:キャッチャー 梅野

9:センター 近本

先発 浜地

2019年3月3日(日) VS ソフトバンク

1:セカンド 上本

2:レフト 近本

3:DH ナバーロ

4:サード 大山

5:ファースト マルテ

6:ショート 北條

7:センター 中谷

8:キャッチャー 坂本

9:ライト 江越

先発 メッセンジャー

2019年3月8日(金) VS 楽天

1:サード 木浪

2:センター 近本

3:セカンド 糸原

4:ファースト 陽川

5:ショート 北條

6:ライト 中谷

7:レフト 伊藤

8:キャッチャー 梅野

9:DH 荒木

先発 望月

 

 

2019年3月9日(土) VS 日ハム

1:セカンド 上本

2:センター 近本

3:レフト 福留

4:サード マルテ

5:DH ナバーロ

6:ショート 鳥谷

7:ファースト 木浪

8:キャッチャー 梅野

9:ライト 中谷

先発 岩貞

2019年3月10日(日) VS 巨人

1:ショート 北條

2:センター 近本

3:DH 福留

4:ファースト マルテ

5:セカンド 糸原

6:サード 木浪

7:レフト 陽川

8:キャッチャー 坂本

9:ライト 中谷

先発 西

2019年3月12日(火) VS 中日

1:セカンド 上本

2:センター 近本

3:サード 糸原

4:ファースト マルテ

5:レフト 福留

6:ショート 木浪

7:ライト 高山

8:キャッチャー 梅野

9:DH 板山

先発 藤浪

■阪神福留が納得の2安打 一振り目で仕留める熟練技

阪神福留孝介外野手(41)は貫禄の2打数2安打でオープン戦打率を5割に乗せた。

5番左翼で先発。まずは2回、先頭で山井の外角高め141キロを難なくミートし、右中間後方への大飛球で二塁打とした。4回も先頭で1ボール2ストライクと追い込まれながら、内角低めスライダーを巧みに右前へ。納得の2打席でベンチに退いた。

2打席ともファーストスイングで仕留める熟練の技。「それは全然悪いことじゃないから続けていきたい」とサラリ。「(今は)しっかりタイミングを取って、どうやって振るかだけを考えているから」と余裕の表情で振り返った。若虎勢がオープン戦に入って状態を落とす中、開幕へ着々と準備を進める主砲の打棒が頼もしい。

出典:日刊スポーツ

阪神・木浪どこでも宣言 開幕スタメン奪取へ好調打撃&ユーティリティーで勝負

阪神のドラフト3位・木浪聖也内野手(24)=ホンダ=が11日、名古屋遠征出発前に鳴尾浜の室内練習場で休日練習を行った。

新人王獲得へ向け、第一目標は開幕スタメン。一つのポジションにこだわりはない。

内野のユーティリティープレーヤーとして、先発出場をつかみ取ることを誓った。

静かに燃える闘志が体を動かした。乾いた打球音が鳴尾浜の室内練習場内に何度も響き渡る。

休日返上で練習した木浪。移動日にもかかわらず約1時間、一人で黙々とマシンと対峙(たいじ)してバットを振り込んだ。

新人王獲得を誓う1年目の幕開けへ、目標は明確だ。

すでに開幕1軍が当確しているが、ベンチ入りだけで満足するつもりはない。

「どのポジションでも(開幕)スタメンで出られるようにしっかりやりたい」とさらなる高みを目指している。

首脳陣から高く評価されているのが、キャンプ中から輝きを放ち続ける打力だ。

ここまでオープン戦7試合に出場し、18打数7安打で打率・389。

10日の巨人戦では、九回1死一塁から右中間へ適時三塁打を放ち、完封負けを阻止した。

3試合連続安打をマークするなど、好調を維持。だが、慢心は一切ない。

「本当に必死にやるだけ。特別何かをやろうというのではなく、

その日、その日をちゃんとやるということだけです」。

先を考えるのではなく、目の前の一戦に集中して結果を求めた。

残り10試合となったオープン戦。鳥谷や糸原、北條ら内野陣は打撃不振で、

まだ誰も定位置を確約されていない状況となってる。

 

矢野監督は「木浪が遊撃もできるということなら遊撃で使っていくというのを、こっちでも考えていく」と、

安定した成績を残す新人を開幕遊撃候補の一人として起用していく可能性を示した。

実戦では一塁、二塁、遊撃、三塁とそつなくこなしてきた木浪。

「『やれ』と言われたところでやるつもりなので、どこでもできる準備をしっかりしたい」。

野球選手として、まずは試合に出なくては意味がない。どん欲な姿勢で開幕まで突っ走っていく。

出典:デイリー

2019年3月13日(火) VS 中日

1:ショート 木浪

2:センター 近本

3:ファースト マルテ

4:サード 大山

5:DH 福留

6:セカンド 糸原

7:レフト 高山

8:キャッチャー 坂本

9:ライト 伊藤

先発 青柳

 

2019年3月16日(土) VS 西武

1:ショート 木浪

2:センター 近本

3:ライト 糸井

4:サード 大山

5:レフト 福留

6:ファースト ナバーロ

7:セカンド 上本

8:キャッチャー 坂本

9:DH 北條

先発 岩貞

 

2019年3月17日(日) VS 西武

1:ショート 木浪

2:センター 近本

3:ライト 糸井

4:サード 大山

5:DH 福留

6:ファースト ナバーロ

7:セカンド 糸原

8:キャッチャー 梅野

9:レフト 高山

先発 西

 

2019年3月19日(火) VS DeNA

1:ショート 鳥谷

2:センター 近本

3:ライト 糸井

4:サード 大山

5:レフト 福留

6:ファースト ナバーロ

7:セカンド 上本

8:キャッチャー 梅野

9:DH 木浪

先発 ガルシア

 

2019年のスタメン・レギュラー予想

1:ショート 木浪

2:センター 近本

3:ライト 糸井

4:サード 大山

5:レフト 福留

6:セカンド 糸原

7:ファースト マルテ

8:キャッチャー 梅野

9:ピッチャー メッセンジャー

 

近本外野手は、ドラフトでははずれ(大阪桐蔭の藤原外野手)のはずれ(立命館大の辰巳外野手)ですが1位入団です。

社会人を経験しての入団でもありますので即戦力として使ってくるはずです。

 

次に、新外国人のジェフリー・マルテ選手がどれだけ打つか、期待がかかります。

2018年シーズンの期待値が高かったロサリオ選手のようにならないことを祈りたいです。

 

次に、木浪選手が入団したことによってショートのレギュラー争いが激化しそうです。

 

最後に、2018年シーズンに覚醒した糸原選手に続いて、

若手の大山選手や北條選手もタイガースの主力に成長してもらいたいものです。

2019年シーズンのローテーション予想

 

2018年の開幕からのローテ

1:メッセンジャー

2:藤浪

3:秋山

4:小野

5:能美

6:高橋 遥人

 

2018年のオールスター後からのローテ

1:メッセンジャー

2:岩田

3:才木

4:秋山

5:岩貞

 

2019年のローテーション予想

1:メッセンジャー

2:西

3:ガルシア

4:藤浪 OR 秋山

5:岩貞 OR 能美

6:小野 OR 才木

2018年は先発投手の駒不足でメッセンジャーが中5日でローテーションを回ることもありましたが、

オフに西投手とガルシア投手という実績のある両投手を獲得したことによって確実に投手陣の選手層は厚くなったと思います。

 

4番手以降の投手陣のチーム内での先発争いによって成績が向上すると優勝争いも狙えるかもしれません。

 

注目の選手

注目の選手は以下です。

 

■2018年ドラフト選手

1位 近本 大阪ガス 外野手

2位 小幡 延岡学園高 内野手

3位 木浪 ホンダ 内野手

4位 斎藤 ホンダ 投手

5位 川原 創成館高 投手

6位 湯浅 BC富山 投手

 

■移籍選手

西

ガルシア

ジェフリー・マルテ

※2018年12月23日現在

 

 

■近本選手のプレー動画

■木波選手のプレー動画

■ジェフリー・マルテ選手のプレー動画

 

 

まとめ

今回は阪神タイガースの2019年シーズンのスタメン&ローテーション予想をしました。

2018年シーズンは残念ながらペナントレースは最下位となってしまいましたが、

新戦力の補強と既存選手の融合を図り、矢野新監督がどんな采配をするのか?に期待したいと思います。

 

セリーグの順位予想に興味のある方は以下の記事がおすすめです!

セリーグの順位予想2019のまとめ|あの解説者の気になる予想は?定期更新して最新版をお届け!

[quads id=3] 2019年3月8日更新 プロ野球セリーグの2019年シーズンの順位予想をまとめました。   これからプロ野球解説者の予想がボンボン出てくると思いますので、 1週に1 ...

 

今回は以上です。ありがとうございました!

スポンサーリンク(関)

スポンサーリンク(記)

-スポーツ

Copyright© 818-news-blog , 2019 All Rights Reserved.